忍者ブログ

限月(げんげつ) - 日経225先物取引の基本が分る先物取引入門





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

限月(げんげつ)



【日経225先物取引が判る金融取引入門】


限月(げんげつ)とは、日経225先物や日経225minの場合であれ
ば、その期限が複数にわたり、それぞれ別の銘柄として取引される
こととなり、その各銘柄を限月といいます。



そして、日経225先物や日経225minの期限が満了となる月をさす
もので、先物取引の限月は、債券・株式共、3・6・9・12月です。


ちなみにオプション取引は毎月あります。


先限(さきぎり)もっとも先の限月で期先(きさき)ともいいます。


限月を表現するときの記述および読み方についてですが、まず
1番限(いちばんきり)は当限(とうぎり)のことをさします。



また、3月限(さんがつきり)の場合であれば、その月まで持つこと
が出来、それ以上は持つことができません。



3月限は、その月に受け渡しが行われるという意味で、最終取引日
である納会は通常その何日か前に設定されております。



日経225先物や日経225minの特徴は期限のある取引であるため、
株のように塩漬けして保有することが出来ないので注意が必要です。




応援クリックお願いいたします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※日経225先物取引は自己責任でお願いします。

日経225先物に関する記事の誤字脱字、内容の間違い
を含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

日経225先物取引が判る金融取引入門トップへ
PR

コメント(-)Trackback(0)
トラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 日経225先物取引の基本が分る先物取引入門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]